深謝 〜Sorry

きのう「最後の更新」というタイトルで、この記事を公開したところ、
みなさんを驚かせてしまい、申し訳ありませんでした。
“匂わせ” かと思ったって言われて、そんなことを
無意識でしてしまったんだと反省しております。
前回の記事「【更新】年の初めのためしとて」とかけて、また
カテゴリー「年の初めのためしとて」は 年賀状だけのカテゴリーなので
年賀状じまいすることで「最後の更新」のつもりでした。

陳謝します。申し訳ありませんでした。
ごめんなさい!

こちら冬眠中です。
この ↓ 写真でさえバルコニーにも出ておりません。サッシ越しの由比ヶ浜…。

週末、土日も横になってるので オットが買い出しに行き
↓ グラタンこさえてくれたりします。写り込んでるのは自家製お漬もの(byシンジ)

特段、問題があるわけじゃないんですけどね、
元気なんですけどね、痛いのでノリが悪いんですな。

夕飯のお買いものついでに あまいの 買ってきてくれたりします。
力餅家の 力餅

だいすきだわー。
ん? ちょっとちっちゃくなった気がするんだけど…。もっと小判型だったような、、、。

ちょっとまえになるけど、X(旧Twitter) に投稿された
「大丈夫」以外の返答を覚悟していますか? というポスト
投稿したのは 東日本大震災の被災者の方なんだけど、
「大丈夫だった?」ってすごく聞かれたって。

いまでも、南相馬出身って言うと「地元大丈夫だった?」って聞かれるって。
心配してることを伝えたいって気持ちで言ってくれるんだろうけど、
大丈夫だった? って聞いたら「大丈夫だったよー」って返ってくるって
思ってる人が多いんじゃないかなって。
「家族が逃げ遅れて」「家が流されて」ってゆう答えが返ってくる
覚悟 を持って
 聞いてる人はどれくらい いるんだろうって。
家族が亡くなったかもしれない、家が全壊したかもしれない、被災された人は
相手を困らせないように迷った挙句「大丈夫だったよー」って答える。
大丈夫じゃないけど。
あと、何が大丈夫なんだろう、ともありました。
怪我してても命があれば大丈夫? 家が倒壊しても避難できたのなら大丈夫?
投稿された方は、「心配したよ、大変だったね」って
言ってもらえると嬉しいです、ってことでした。
大丈夫? って言いがちだと思うのね。むずかしいよね。
気持ちを正しく伝えるのって。

前回に続き「年の初めのためしとて」更新です。
2021年に 凛 が逝き、翌 2022年のご挨拶が
この ↑ 寒中見舞い でした。

****************************************
すべて手書き(恥)の2023年を挟んで、今年。
年賀状じまい です。

カテゴリー「年の初めのためしとて」最後の更新です。
ずっと写真の年賀状でしたが、この 最後の1枚 イラストは
生成AI に描いてもらったもの!
シンジが与えたプロンプトに応答して描いてくれました。

おもしろいねー♪

Pocket

18 Comments

  1. ミキティ
    2024年1月19日

    「最後の更新」とはなかなか衝撃的なタイトルだったけど、「年の初めのためしとて」の最後の更新なのね?
    あーびっくりした
    最近動悸がするからこれ以上ドキドキさせないで〜笑
    ノリが悪くてもおっけーおっけー!
    ベッドでゴロゴロしながらテキトーにスマホでもいじっててね

    「大丈夫?」は数え切れないくらい使ってきた!
    病床の母、コロナのバイトちゃん、愛犬が逝ってしまった友達、阪神淡路大震災に遭った友達、
    深く考えずにとりあえず使ってきたなぁ
    万能ではあるけど返信する先方さんの気持ちまで考えなかった!
    勉強になったよー、ありがとう、、

    生成AIのイラスト、素敵!
    凛こさんがちょっと大きいけど3人の後ろ姿の雰囲気がとてもいいね〜

    返信
    1. 凛はは
      2024年1月20日

      【ミキティさん】
      びっくりさせて申し訳ないっ! ごめん。
      なんの気なしのタイトルだったのよ、いやー、ごめん。
      “匂わせ”なんて下品なことー(笑)、するわけないじゃんって、
      無意識にしてたよ。
      ちょっとまえの投稿だけど、
      ミキティさんご本人登場のigで、遭遇の際に見逃さないよう
      美白ミキティさんのお顔を記憶に叩き込んでおりますー。
      大丈夫、って咄嗟に出ちゃうワードだよね。
      難しいよね、、、。
      生成AIは、キャバリアってリクエストすれば
      ワンコをキャバリアにもしてくれるのよ!
      何枚も試したうちでキャバリアのも描いてもらったんだけどね、
      悪目立ちするのよねー。
      で、カッコ良すぎるのも照れるので、
      こんな感じにおさまりましたー。

      返信
  2. あき
    2024年1月19日

    題名で覚悟して読み進めたじゃん。涙目になりながらさ。
    連絡きてないし、そんなわけないよね。という思いと交錯しながら。
    もぉもぉ、ビックリじゃん。
    本文アタマに入ってこなくて
    最後まで読んでからまた落ち着いて読み返したよ。

    「大丈夫?」限りなく使ってきた。
    「無理しないで」も使ってきた。

    相手のことを考えているようで考えてないな、私。と改めて思ったのよ。
    大丈夫じゃないのも
    無理しないといけないのも分かってるつもりでも
    つい、使っちゃってたよ。
    もっと、ちゃんと考えて言葉を伝えないとなって。

    力餅家、絶対、それ小さくなったって…。

    返信
    1. 凛はは
      2024年1月20日

      【あきちゃん】
      いやー、ごめんごめん。
      アップしたあとで、あれ? もしかして誤解させちゃうかしら、
      ってうっすら思った気もするけど、なんかスルーしちゃったのよね。
      自分では このblogをやめるなんて1ミリも思ってないから
      ピンとこなかった。無神経でした。
      大丈夫? は ほんと考えなく出ちゃう。
      言ったあとに、だいじょぶじゃないか、って付け加えたりして。
      そのあとに続く悲惨な現実を受け止める度量なんてないのに。
      請け負う勇気がなくて足踏みして、結局そっとしておこうなんて
      逃げちゃう。
      力餅、やっぱりちっちゃくなってるよねー。ショック、、、。
      値上げはしょうがないけどサイズ変わるのはNG!
      これからは箱買いだなー。

      返信
  3. あき
    2024年1月20日

    匂わせ…なんてしてるつもり無いのは分かってる(笑)
    そもそも、これだけ、
    キチンと文章に向かって
    綴っている
    凛ははを何年も見てきてるから。

    勝手にびっくりしたのよ。
    常にビクビクしてるのね。
    このblogが好きすぎて。
    いや、凛ははが好きすぎて。

    なので、謝ることなんてないのよー。
    冷たい雨が降ってます。
    寒い週末、ご自愛くださいね。

    返信
    1. 凛はは
      2024年1月20日

      【あきちゃん】
      いやいや、やっちゃうのよ。
      気をつけてるつもりでも間違えちゃうのよ。
      読み手が理解して初めて伝わるわけだから、
      今回のは論外だけど、意図しなくても誤解されるのなら
      書き手の粗相なわけよね。
      そんなふうに思われちゃった? アタシそんなこと書いたっけ?
      ってこと、よくあるもん。
      誹謗中傷コメントがついてた頃と違って、いまは好意的なコメントばっかりで
      旧知の仲みたくなってるからね、ゆるんでるのかもね。
      こちらも冷たい雨です。
      これから雪に変わるのかなー。

      返信
  4. たいたい
    2024年1月20日

    タイトル見て閉じて、タイトル見て閉じて・・・を繰り返して・・・今朝に至ります。
    ・・・タイトル、変わってるしぃぃぃぃーーーーー!!
    もう、なんかホッとして内容が入ってこないんですけど?
    猛省してください、猛省!!!
    あーーーーー、でも、ほんと、これ、みんな同じ思いだと思います。
    皆さん、安心して読んでください!(※コメント欄まで進んだ人はすでに読んでます)

    あ、で、内容、なんでしたっけ?←こら

    返信
    1. 凛はは
      2024年1月20日

      【たいたいちゃん】
      ごめーーーん!! ごめん。ごめんなさい。
      ごめんなさいってば。
      こそーりタイトル変えたの。
      で、許してもらおうと思って謝罪文も加えたの。ごめん。
      で、この日は
      「大丈夫を考える」と「生成AIってすごい」の2本ですー。
      サザエさん予告風だな、、、。

      返信
  5. さとりん
    2024年1月20日

    あーよかった。
    まだまだ続くよ
    『なぎさでルルル』♪
    ねっ。

    生成AIの作品だったんですね。
    美しい景色と、二人と一匹と…。
    いい仕事しやがるぜ、AIのやつ。

    「大丈夫?」の話で思い出した。
    どっかの首相が被災した地の避難所を訪れてかけた言葉。
    「お困りのことはありませんか?」
    「……困ってることしかないです。」

    言葉は毒にも薬にもなる。
    相手の身になって使わないと…と考えさせられました。

    返信
    1. 凛はは
      2024年1月20日

      【さとりんさん】
      お騒がせしましたっ! ごめんね。
      まだまだ続きますー。このblogの最後に関しては、
      エンディングノートに記入済みなくらいだからね(笑)。
      ライフワークです。よろしくです。
      リモートのオットのおかげで、シンジの仕事を通して
      生成AIの仕事ぶりを見ることができるんだけど、
      すごいね! 世の中すごいことになっとるよ。
      生成AIちゃん、アタシの文章に合致したイラストを描いてくれましたよ。
      あのひと、現地に入って状況を目の当たりにしても、そーゆう
      判で押したような定型の言葉しか出てこないのねー。
      どうやら手腕がないのね、ってのはとっくにバレちゃってるけど、
      人としてもねぇ、、、。立場的にいい人なだけじゃしょうがないけど、
      せめていい人ならねぇ。そーゆうのも見抜かれちゃうよねー。

      返信
  6. みーたん
    2024年1月20日

    凛ははちゃーん!
    私も最初のタイトル読んで、1回閉じちゃったさ。。。
    え?最後の更新って、何が最後?もう更新するのがしんどいのかな~?辛いのかな?
    いや、待てよ。。もししんどいとしても、凛ははちゃんは「最後の更新」にはしないで、絶対にまた元気になって更新するもーん!
    って書くはずやな?、、、とかね。
    でもやっぱり心配になり読み進めたら、カテゴリの最後でした♪ほっ。
    年賀状もね、近年は毎年「今年が最後の年賀状なります」って書いてる人いるー!届く枚数、今はとっても少なくなった。
    みんなお友達はLINEやメールで繋がってるからね~。
    凛ははちゃんには決して無理してほしくないけど、ずーーーっと読みたいなぎさでルルルよー。
    あ、実家はねー。父の体調がだんだんと悪くなっててね、今は毎月位帰省しとるよ。
    明日からもまた関西。でもその後沖縄も行くよー!
    止まったら元気なくなる私なの笑。

    返信
    1. 凛はは
      2024年1月24日

      【みーたん】
      想像力に欠けてたよー。ごめん。
      心配かけてしまって申し訳なかったと思っとりますm(._.)m
      今年で丸18年、5月に19年目に突入するこのblogは、
      最後の最期(笑)まで更新したいと思ってるよー。
      年賀状はねぇ、凛もいないし、この先とくべつなイベントもないし
      徐々に老いていくだけなので(笑) 一旦おしまいにしました。
      万が一、悲しいお知らせしなくちゃいけなくなったときに、
      お知らせするその役をシンジひとりに請け負わせたくないのよー。
      だってシンジに気の毒じゃない(笑)?
      お父様のお加減が良くないのね。年齢的にもそんな時期よね。
      心配だね。みーたんちゃんもひとりっ子かしら。
      ふつーは心配だけど離れてるから、ってなるとこだけど、
      フットワーク軽いみーたんちゃんは距離なんて関係なく気持ち優先
      なとこがすごいしカッコいいよー! ただ忘れてるようだけど(笑)、
      自分の身体のことも大事にして無理しないでね!!

      返信
  7. しのやん
    2024年1月23日

    今朝は南の空に、大きな渦巻く雲のかたまりひとつがあって、上空高いところにある千切れた雲の下にあるそれがとても印象的な眺めでした。おそらく気流が乱れているのでしょう。なぎさハウスの窓の向こうにも見えたでしょうか?
    ちなみに富士山上空にも傘雲のような雲が見えました。
    雲って、ホントに飽きない眺めです。その変化を見ているだけで、時を過ごすことができます。

    能登の地震、私は何もできずにいます。大丈夫?と問いかけることすらしていない。
    言葉は、それが示すものが明確であるように見せかけていて、実はいずれもすべて曖昧さを含んでいて。その言葉の背後にある経緯、感情、も含め、発する人、受けとる人で、全く異なる意味、価値を持つのでしょう。それを前提に人間は会話するしかないな、と思います。
    ちょうど読んでいる福岡伸一さんの著書「動的平衡」(今さら、この本、読んでます)。福岡さんは、人間は見たいものをそこに見て、聞きたいものをそこに聞く。ほんとはそこに以前からずっとあるものに気づかす、バイアスを持ってしまうのが人間の意識である、と。そこのバイアスから解放されるために、「学び続ける」と。
    言葉の中に、見たいもの、あるいは見るかもしれないと予見しているものを見ようとする人間。自身が、そこから解放されていければ、と思います。

    それにしても、震災の被害は、今になってもなお、日を追うごとに、厳しい内容になっていきます。グループ企業の仲間が、被災者の通信環境確保のために現地に、衛星通信用大型車両を運びこんでいきましたが、震災直後は通れた道が、さらに隆起・陥没などで通れなくなっていて。大型車両ゆえに転回もできず、もと来た道、10キロ以上の道のりをひたすらバックで戻らざるを得ず、ついに日が暮れて、車中泊になった、とのことでした。

    さて、確かにタイトルにはびっくりしましたが、読み進めると、年賀状のことじゃないか!となりました。ホントに言葉って難しいね。

    部屋の窓越しでもいいから、晴れた空と雲が見えるといいな、と思います。

    ちなみに、鳩サブレーが小さく感じるのは、私だけかなー。

    返信
    1. さとりん
      2024年1月25日

      しのやんさんへ

      横からコメント返信ごめんなさい。
      来た道をバックで10kmですか?
      転回できない=道幅が狭い。
      それをバックで?
      想像しただけで気が遠くなりそうです。
      全くの素人考えですけど、防衛費とやらに大金使うより、こういう非常時にライフラインを復旧差せる事に注力できないの?
      ってオバチャンは思います。 

      ささやかながら募金箱に落としたけど、これが本当に必要な所へ届くの?
      金沢観光を中止しないことが能登への支援になるとか、石川県から地産品を購入することがいいとか聞くけれど……、ワタシにできることはなんだろう?

      返信
      1. しのやん
        2024年2月24日

        今ごろの返信で失礼いたします(これ、気づいていただけるのだろうか)
        災害が起きると、ライフライン関連を生業にしている設備系スタッフは、ものすごい力を発揮すると、いつも思います。誤解を恐れずに言うと、東日本大震災のときに重大な事故となってしまった東電のメンバーだって、あの時に限らず災害が起きればものすごく頑張る人たちだと私は思っています。電気もガスも水道も通信も、それの設備スタッフは、日頃はちょっと態度悪いおじさんたちだったりするのに、災害のときの底力、気持ちがすごい。
        そういう人たちでありながら、震災で傷付いたり、不幸なことに命を落としてしまった人たちの横で、黙々と復旧作業をし、その後心的に病んでしまうこともあるのです。自分はその苦しむ人たちを助けられなかった、と。
        それに気づくことくらいしかできない私は、何かできないか、と焦るばかりです。
        コメント、ありがとうございました。

        返信
    2. 凛はは
      2024年1月25日

      【しのやんさん】
      由比ヶ浜 水平線の上にもくもくの雲が鎮座していて
      迫力です。宗教画の背景のようです。連日、写真撮っちゃいますねー。
      「ひとの心が変わらないわけがない、あの優しい雲だって目を凝らしていても
      知らぬ間に形を変えていくんだから」ってゆうようなことを、チッチとサリーが
      登場する漫画「小さな恋のものがたり」で読んだ記憶があります。
      小・中学生の頃だと思いますが、そーゆうのは覚えちゃってるんですねー(笑)。
      「動的平衡」を読んでないけど「人間は見たいものをそこに見て聞きたいものをそこに聞く」ってゆうのは真理ですよねー。そう思わせるシーンは多々あります。
      見たいものしか見えないし聞きたいように聞きますよね。自分の物差し・裁量で
      見たり聞いたりする。それは無意識の防御みたく生きやすくするための処方箋
      なのかもしれません。福岡伸一さんは動的平衡で考えると病気も動的平衡の表れで体のアンバランスを正すってゆう働きなんですって。
      「病は恵み」だそうですね。
      言葉は難しいです。町でおともだちと遭遇したりすると決まって言われるのは、
      「元気そうじゃない」「顔色もいいし」「ちょっと太ったんじゃない」とかね。
      30キロ切るかどうかびくびくしてる毎日でもそう見えないならばいいことだけど
      元気も顔色も良くて太るってゆう状況ではないし、たまたま出会った相手に向かってヨレヨレの自分をことさら誇示するわけでもないし、ね。
      死ぬかも、くらい心配してて発した「元気そうじゃない」と常套句としての
      「元気そうじゃない」は全然ちがうってわかっちゃうんですよね。悪気じゃない
      のはもちろんわかってるんだけど、元気そうじゃないって言われたら
      元気だよーって答えるしかないですからね。わざわざ今朝も医療麻薬使って
      出掛けにはモルヒネも飲んできたから少しは楽なの、とは答えないから。
      あら、愚痴ってしまってる(笑)? 病人はめんどくさいね、、、。
      >10キロ以上をバック…、過酷すぎるー。

      返信
  8. しのやん
    2024年1月27日

    昨日は満月でした。おそらく、この寒さではあなたの体に良くないので、見ることは叶わなかったかもしれません。夕方昇り始め、真夜中にはちょうど真上に。まるで空に張り付いて、凍りついたような輝きでした。今の月は少し北よりの空に上がるので、なぎさハウスバルコニーからは見ることが難しい角度だと思います。
    西の空には木星が、これまた美しい輝きで見えていました。惑星は空気の揺らぎを受けにくい光なので、またたきません。なので惑星とすぐわかります。
    他の、太陽系外の星ぼしは、微かな光ながら、またたきながらもまっすぐ届いた、という感覚の貫く光を見せていました。
    そういえばベテルギウスをチェックするのを忘れていた。2、3年ほど前、爆発を起こして、間もなく超新星爆発を起こし昼間でも観測できるのではないか、と言われていたこの星、その後一旦輝きが暗くなり、そしてまた昨年明るくなっています。終末期にあるこの星の輝きの変化は恒星の一生を物語るものでとても興味深いけれど、最終的に星がなくなる超新星爆発は、結局のところ1万年後とも言われて、しかもその爆発が起きてから肉眼で観測できるのは、その光が届く640年後。私たちが生きている間に、昼間に星が見える!という体験はできなさそうです。
    あまりにも長い時間の流れのことを考えると、私たちの矮小さを強く認識します。そして、そうであるからこそ、私たちの時間は奇跡のようなものに感じます。あなたとこうして会話していることが、とても貴重なものであると。
    あなたの部屋の窓から、月が見えるといいのですが。今日も満月近い大きさです。
    なお、星の出入りのタイミングを知りたければ、以下のサイトが便利です。検索して表示された内容は、まさに今のタイミングの見え方も書いてあり(だから、「見えません」と表示されて、その下に今日の出の時刻、最南にくる時刻、没する時刻が書いてあります)、なかなか面白いサイトです。
    https://eco.mtk.nao.ac.jp/cgi-bin/koyomi/skymap.cgi

    返信
    1. 凛はは
      2024年2月4日

      【しのやんさん】
      子どものころは豆まきして(鬼は〜外ぉ〜、だから父の帰宅を待つのが鉄則)、
      歳の数だけお豆を食べるのが少食の身には罰ゲームのようで、
      それが節分の記憶。
      特段、たのしいイベントじゃなかったと思い出されます。
      そんな節分の翌日、まさに今日が立春。
      二十四節気で春の始まりとされる日!
      寒さも峠を越え春の気配が感じられる、とか
      立春を迎え暦の上では春、とか言ったお馴染みなフレーズの
      使いどころですが、とんでもない寒さです。
      体脂肪が少ないので寒さに対応できない作りなんですよー。
      アウトドアブランドのオシャレでかっこいいウェアで
      夜空を見上げて星を観測したいー。その妄想に登場するアタシは
      163センチくらいの身長でパンツが似合うカッコイイ女の人なわけ(笑)。
      で、現実の影も形もないじゃーん、で妄想は終わるのです。
      星の物語には悠久の時間が流れていて、自分との繋がりに
      ピンとこないような気がします。
      JAXAの無人探査機「SLIM」が日本初の月面着陸に成功した
      ニュース、それも目標着陸地点の誤差を100m以内に抑えた
      ピンポイント着陸に成功、ってニュースを
      どーしてもっと大騒ぎしないのかしらー、って感じてます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Scroll to top