かまくらシネマ

むかーしむかし、映画館のある町
だった鎌倉。
また鎌倉に映画館を、と尽力した方たちの
情熱が実を結びました。

「鎌倉市川喜多映画記念館」
昭和初期、多くの名作を輸入・配給した
川喜多長政・かしこ夫妻。
ご遺族から夫妻の邸宅が寄贈され、これを受けた鎌倉市が
映画記念館を建設したものです。
席数51席と こじんまりとしてはいるものの、
一般800円1000円で映画観覧ができます。
この日を待ち焦がれ計画にかかわり、数千本(数万本?)の映画を
観てきたと思われる方に、
人生で一番の映画は、と伺ったところ、
即答で、「天井桟敷の人々」 でした。
川喜多映画記念館
4月1日開館
こけら落としは、「天井桟敷の人々」
ブラボー!! 


オカエリナサーイ、の狂喜乱舞・熱烈歓迎のあと、
オサンポイキマショ
すっきりして帰宅の後は、
ゴハンクダサイ
毎日これだけ、のシンプルな日程を終えると、
ワタシのお膝に直行。

おねむ
次のゴハンになったら起こしてください、な感じ。

寝たっ・・・。


***********************
ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ
にほんブログ村
***********************


Pocket

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to top