潜入 秘密基地

坂ノ下から極楽寺坂切通しを登っていくと

見上げた先に帆布のカバンがぶら下がってるわけ。

それはいくつもあって、プリントしてある商品名や店名もそれぞれいろいろ。

 

IMG_0710 のコピー.JPG

 

なんじゃこれ、ふつーそう思うでしょ。

 

IMG_0705 のコピー.JPG

 

「レトロ秘密基地」ってー。…深まる謎。

 

ここは骨董品屋さんだったはず。

極楽寺のおトモダチ夫妻がその骨董屋さんを絶賛していて

いきたいと思いつつ、通るたび営業していない

正体不明、住所特定ながら神出鬼没なお店だったわけです。

 

で、この日 通ってみたらば

秘密基地 になっていたという…。

 

IMG_0706 のコピー.JPG

 

「浮世ばなれの遊戯場」だそうです。

 

階段上がって伺ってみました。

 

そこに、極楽寺のおトモダチ夫妻が面白い品揃えより(笑)

さらに強くお薦めしていた がいました!

この店の店主です。

 

面白いですよー。

 

またお兄さんとおしゃべりしたくなったら階段上がってくるよー。

って おいとましました。

 

 

秘密基地は、お天気悪い日やってません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket

2 Comments

  1. 美架
    2016年10月29日

    鎌倉って、ほんとうに魅惑的なお店が多いのですね。
    この骨董品のお店、私もとても気になります。
    「ビブリア古書堂の事件手帖」が流行ったとき、
    鎌倉に実在するお店だと、私、本気で信じてしまったほどでした。
    それほど鎌倉は、ミステリアスで奥が深いですよね。

    返信
  2. 凛はは
    2016年10月30日

    【美架さん】
    不思議なお店ですよー。
    500円の利用料を払えばどれだけいても構わない、秘密基地です。
    この日も先客がいて、店主は庭先で本を読んだりして
    秘密基地はお客さまだけの基地です。
    TVドラマのビブリアは舞台になっているお店がすぐ近くだったので、
    撮影現場に遭遇することもありました。
    街や海辺で取材のカメラが回っていたり、
    海岸にはヨガだけでなく太極拳をしているひとや
    トランペットを吹くひとや釣り人、コスプレで撮影するひと、
    ラブラブでキスしちゃうカップル(笑)、
    なーんでもありです。
    寛容な街なのかもしれませんね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to top