願いを結ぶ〜結願

どちらも作り置き、自家製の なめたけ に
キュウリのキューちゃん
すき焼きの残り 冷凍してた牛肉とお野菜の甘辛煮
玉子焼きして 土鍋の炊き立てごはん に お味噌汁

そんな なんでもない ごはんで
1日が始まりますが、お洗濯して Facebook を更新して、
そんなこんなで、おごはん
このところのルーチンは、朝は ホットサンド
(今日はパンをきらしてたので和定食だったのです)
お昼は 和定食、もしくは おにぎりにプチおかずセット、
お冷ごはんで チャーハン、レトルトのカレーにゆで卵トッピング、
市販のソースでパスタ、
そんな感じのローテーションです。
で、なんだかんだで、、、、なんにしよー。

ずーっとリモートのオット
朝昼晩と 一緒にごはん、なのです。で、考えてみたところ、、、
そんなことってあったぁ?
「朝昼晩連日一緒にごはん」
実家で過ごした幼少期だって
お昼ごはんは 父とは別々な訳だし、母とふたりでしょ。
家族3人揃って「朝昼晩連日一緒にごはん」
ないです!
これって めずらしいことじゃないー
って常々感じているのです。

元日に 鎌倉宮と本覚寺に初詣して以降
7つの神社とお寺をお参りの ハイライトは、
極楽寺 と 成就院
十三仏巡りの12番札所と13番札所です。
結願 です。「けちがん」と読みます。
ちなみに御朱印巡りスタート 発願は「ほつがん」と読みます。
アタシの 鎌倉十三仏巡りは 2巡目です。
画像は 成就院からの由比ヶ浜↑ とその上は 極楽寺山門
結願の成就院は感染症対策で御朱印が書き置きだったのが ちと残念。
2巡目の十三仏巡りは母のため、母へのプレゼントです。

5日に都内に行く、という暴挙に出ましたの、アタシ。
で、東京を楽しんで鎌倉に戻り 八幡さまにもご挨拶してきました。


静御前が義経LOVEの舞を披露した舞殿で
期間限定の特別参拝〜御判行事っての やってました。
御神印を おでこ に押し当てる、らしい。
やっぱりやってもらえばよかったー。


帰り道の 豊島屋さんで あまいの調達。
「初詣」と「鶴亀」
もひとつ「干支」ってゆう虎モチーフのと 3ケ買い求めて
千円でお釣りがくるリーズナボーな豊島屋さんは
普段使いにもってこいなのです。

オミクロン株の感染急拡大が止まりません。
感染予防対策の MASK
適切な M マスク着用、A アルコールで消毒、
アクリル板で S 遮へい・接触はショートタイム、
K 換気・距離、ずっとしてきたこと
続けるしかないですな。

 

Pocket

6 Comments

  1. しのやん
    2022年1月14日

    残り物といえども、うまくアレンジし、盛り付けを工夫すれは、素敵な食卓です。
    しかもそれを3食、家族で囲む。これまでの生涯で確かにないことですね。毎日そうであることがいいか、はともかくとして、そういう光景を自由にいつでも選べる世界であってほしい。同じものを箸で口に運びながら、他愛ない会話する。
    私は、毎朝会社に行くために坂道を下り、駅近くの道で振り返って、丘の上に建つ自分のマンションの私たちの部屋の窓を見る。大げさだ、と笑われてしまうでしょうが、あの窓の部屋に今日また戻ってこれるだろうか、とよく思います。また一緒に、テレビを見ながら、食卓を囲めるだろうか、と。今の世の中の不安定な雰囲気と、そしていつかはその窓の部屋に帰る日が必ず終わるだろう、という思いが、そうさせます。
    それにしても
    年の暮れから行動的なあなたに驚かされます。でも喜ばしい。あなたに、長く苦しかった時を抜けて良いことが続くことを、楽しいことばかりが続くことを、あなたにも、ここに集う皆さんにも、そして私にも穏やかな世界があることを願ってやみません。

    返信
    1. 凛はは
      2022年1月25日

      【しのやんさん】
      コメントのお返事しながら そろそろお昼、、、
      今日は冷凍ご飯でチャーハンにしよっかなぁ、って思ってるとこです。
      ちっちゃな不平や不満をぶちぶち言いながら、手にしている幸せには
      気づかず毎日を過ごすこと、明日が当たり前にくるって信じられることって
      すっごく幸せなことですよね。
      そのことを意識せずに生きられるひとが羨ましいです。
      しのやんさんの言ってること、よーくわかりますよ。
      ずいぶんむかしのことですが、OL時代に可愛がってもらった上司が
      朝の通勤途中 JRコンコースで倒れそのまま帰らぬ人となりました。
      ずっとリモートが続いてますが、出勤するシンジを見送る朝は、
      にぎり福を握らせて「無事に行って無事に帰ってきますように」って願います。
      強烈能天気・楽観的なんだけど裏腹に心配性ってのもあるんです(笑)。
      ここのところ、痛みは強いんですよ(笑)。でもね、たのしんでいたいんです!

      返信
  2. さとりん
    2022年1月15日

    『都内』『東京』という言葉に、一瞬ドキッとしたけど、
    でも、それってすごいことなんだわ!と思い直して。

    素敵な写真がいっぱいで、更新が楽しみです。

    しのやんさんのコメントを読ませていただいて、私もかつて、相方を見送りながら、見えなくなるまで無事の帰宅を祈っていたことや、
    帰省して母と別れる度に、これが最後かもしれないと思って見つめていたことを思い出しました。

    いつ、何があるかわからない、
    日常の大切さを痛感する日々です。

    返信
    1. 凛はは
      2022年1月25日

      【さとりんさん】
      毎日 都内に出勤してたこともあるなんて信じ難い(笑)。
      鎌倉から 渋谷だって恵比寿だって1時間かからないのにもうアタシには遠いわー。
      けどね、久しぶりの美術鑑賞だったのですよ。堪能しました。
      いいことって、ふわっとあったかい種がじわじわ膨らんで、
      ぽわーんと訪れるけど、やなことって、前触れなく突然目の前
      まん前に来る感じなのよね。
      続くコロナ禍も確実に心の不安定さに影響してるよね。
      漠然とした不安って、タチ悪いよね。

      返信
  3. あき
    2022年1月16日

    都内。本当に本当にびっくりしたよ。嬉しいよ。行けた事も行こうと思える気持ちも。
    お母様のためにという心も。
    全てが全て温かい。

    こちらにきて、みなさんの、コメント読んでも本当に気付かされる事が沢山。
    しのやんさんのお気持ちも、さとりんさんのコメント読んでも
    なんだか心の奥に届きます。

    足元不安定の毎日だけど今こうしていられることに感謝ね。
    2度目の化学療法。
    応援してます。

    母の治療日開始も始まりました。
    また、連絡するよー。

    返信
    1. 凛はは
      2022年1月25日

      【あきちゃん】
      そーなのよ。気力。出かけるまえの痛みや、出かけたあとの後悔で、
      億劫だったんだけどね。
      すごーく観たかった気持ちに忠実に行ってみたら
      だいじょぶだったよ。
      部屋から海岸をお散歩するひとを見て、
      どっこも痛くないんだろーなー、って(笑)。そんなアタシ、ダメダメー(笑)!
      しあわせを感じないまま、無邪気にしあわせを享受できるひとって
      恵まれてるよね。それをしあわせってゆうんだな。
      ほんとのところ、やっぱり ひとは失くして初めて知るのよね。
      次回の受診で詳細決定するけど、メンテナンスのはずだった化学療法は
      どうやら、やるべくしてそうなった、って感じになってます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Scroll to top